Home > スポット医って?

スポット医って?

様々な業界で新しい働き方や転職のしかたが提案されています。
その一つがスポット医です。スポット医とは、日雇い派遣の医者版です。医師免許を取得したものの、転職した、結婚して家庭に入ったなどの様々な理由によって医療の現場を離れていた人のための新しい働き方です。
医師は、誰もがなれるわけではありません。医大に進学し、医師の免許を取らないと職業に就くことはできません。

看護も、小学生のうちからナースに憧れて勉強していた人でも、脱落者が出るような厳しい難関です。しかし、免許さえ取れば一生モノの仕事になりえます。
医者として長く働ける人材は、どんな医療先進国でも慢性的に不足しています。免許を取って職業に就くことそのものが難しいので、一度引退した人が、スポット医として働いてくれるだけでもありがたいのです。

ただし、たとえ免許を持っていたとしても、故意に医療ミスを繰り返すような人材は敬遠されます。故意に医療ミスを繰り返すような人材はたとえ優秀でも精神がボロボロに病んでしまっているはずです。
使いにくいシステムなのかもしれませんが、一回システムをつくっておけばニーズがあれば使う人も出てくることでしょう。常勤の医師が休めない、激務で体を壊してしまうということもあるわけですから、働き方の選択肢が広がるというものです。