Home > 産業医って?

産業医って?

労働者が健康な環境で働けるよう指導する医師

医師に特化した転職情報などで産業医というカテゴリをよく見かけます。この産業医は労働者が健康・快適な環境で仕事ができるように専門の立場から指導や助言をする医師で、労働安全衛生法という法律で規定されています。

社員数が50人以上の事業所では非常勤の嘱託産業医、1000人以上になると常勤の産業医が必要です。常勤の専属産業医となった医師は、その企業の社員してして雇用されています。

産業医としての医師の業務は、かつては劣悪な労働環境から労働者を守ることに主眼が置かれていましたが、昨今はメンタルヘルス分野の業務の比重が高くなっているともいわれます。

医師の転職のひとつの方向にこの産業医がありますが、産業医になるためには労働衛生コンサルタントの試験に合格するか、または日本医師会認定の研修を修了するなど資格の取得が必要です。

また産業医はあまり治療はしない代わりに、労働紛争や海外出張時の健康対策、パワハラやセクハラなど通常の臨床ではあまり接しない分野の知識も幅広く必要になります。

産業医への転職にあたっては、資格の取得だけでなく継続的な知識向上も必須です。